2015年02月22日

ミルフォード個人ウォーク 出発初日

IMG_2079.JPG
ミルフォード・トラックの入り口



【1日目 グレード・ウォーフ > クリントン・ハット、5km】
いよいよ出発当日。
夢にまで見たミルフォード・トラック。
個人ウォークは1日40人までしか歩くことが出来ないトラック。

久しぶりにワクワク心躍る感じがします。
あいにくの雨模様ですが、フィヨルドランドには雨はつきもの。



IMG_2048.JPG
予約したバス(トラックネット)でテ・アナウのDOCからテ・アナウダウンズ(TeAnau Downs)へ。







IMG_2050-1.jpg
ここから船に乗船です。






IMG_2059.JPG
操舵室にGPSナビがあります。






IMG_2069.JPG
みんなソワソワして早くも下船口へ(笑)






IMG_2079.JPG
船に揺られること1時間。
ミルフォード・トラックの入り口グレーイドワーフ桟橋に到着。






IMG_2071.JPG
上陸する前にすべてのトレッカーはシューズの消毒が必要です。





IMG_2172.JPG
この日は目的のハットまで約5キロのショートトリップ。
お昼前には到着しました。






DSC00163.JPG
色とりどりの苔がすごくきれいな場所。






DSC00212.JPG
ハットはこんな感じです。
日本の山小屋とは違って、かなり設備が整っています。






DSC00198.JPG
午後になると続々とトレッカーが到着してきます。





DSC00216.JPG
夏のシーズンはワーデン(管理人)が常駐していて、ハットウォークに参加できます。
山小屋の周辺にある固有の植物などをワーデンが説明しながら1時間ほど歩きます。







DSC00076.JPG
ワーデンから明日の天気や山小屋での諸注意があります。






DSC00075.JPG
旅を通して夕食は楽しかったですね。
ヨーロッパ、オーストラリア、アジアなどいろいろな食文化が見えます。





DSC00073.JPG
生の豆を持ってきていたのはスペインの家族。
充実していましたね。





DSC00074.JPG
こちらはドイツ人カップル。
レトルトの麺みたいなものでした。






DSC00231.JPG
この日我々は無印カレー。
持参したワイングラスで飲みながら調理。





DSC00236.JPG-1.jpg
結構おいしいんですよ。



日没は夜の10時くらいですが、みなさん明日に備えて早く寝ます。
2日目から天気が回復して最高の景色が見え始めます。

posted by 山一観光 at 00:36 | Comment(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
人気ランキング参加中。 ↓クリックするとこのブログの順位が出ます。 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。