2015年02月27日

ミルフォード個人ウォーク 最終日

DSC00305.JPG-1.jpg
サンドフライポイント





【4日目 ダンプリング・ハット > サンドフライ・ポイント、18km】
旅はいつも楽しい時に終わる、そんな感じがする最終日だ。
今日はトラックの中で一番長い距離になる。
しかしフラットな川沿いを歩くので、昨日と比べると体力的な負担はずいぶん少ない。
それでも終点のサンドフライ・ポイントからの船に乗り遅れないように早めの出発となる。

サンドフライ・ポイントからミルフォードサウンドまでの船は1日3便ある。
もしかしたらもう会えないかもしれない仲間たち。
昨夜の楽しかった時間を思い出す。

よく話をした数名とはメールアドレスを交換した。
FaceBookもあるので割と簡単に繋がることは出来そうだ。
しかしこのリアルな時間はいつやってくるかわからない。

サンドフライで思い出したが、ミルフォードトラックにはサンドフライという名のブヨがたくさんいる。
動いているときはイイのだが、停まるとたちどころに刺される。
これが半端なくかゆい。しかもずーっとかゆい。
肌を露出していない箇所は大丈夫。



IMG_2222.JPG
サンドフライ用のスプレーかオイルでなければ、日本のものは効かないそうだ。
DOCで買ったこのオイルはかなり効く。
近くまで寄ってくるが刺すことはない。
10ドルくらいするが、その価値は十分にあった。




DSC00571.JPG-1.jpg
今日は小川を渡ることが多い。
小さな吊り橋を何度もわたっていく。





DSC00585.JPG-1.jpg
登りがないのでテンポよく進んでいく。
まさにトランピングだ
※ニュージーランドではトレッキングのことをこう呼ぶ。




DSC00591.JPG-1.jpg
今日も快晴で遠くの山がはっきり見える。
やはり雨よりも晴れの方がいい。




DSC00255.JPG
そしてこんな滝がいくつもある。
雰囲気は屋久島に似ている。




DSC00584.JPG-1.jpg
ところどころ魚を見つけてはロッドを振ってみる。
最終日だと思うと何とかあと1匹は釣りたい。




DSC00578.JPG-1.jpg
必死に見つける。



そんなにうまくはいかないもので、だんだん魚のいるポイントではなくなってくる。
少し周りの景色を見ながら行くとする。



DSC00566.JPG-1.jpg
ファンテイル(fantail)
トランピングしているとよく見かける鳥。
尾っぽが扇形をしているところから名づけられている。
チョロチョロ動くので写真を撮るのが難しい鳥だ。






DSC00395.JPG
ケア(KEA)
発音はキーアに聞こえる。
実際にこの鳥の鳴き声が『キーア、キーア』と鳴くので名前が付いたそうだ。
好奇心旺盛でいたずら好き。気が合いそうだ。




DSC00470.JPG
ウェカ(WEKA)
キューイ・バードに似ているが別物。昼間に行動する。
イタチなどの外来生物に狙われるのでその数を減らしているらしい。




DSC00659.JPG-1.jpg
シルバーファーン(銀シダ)
この国のシンボル。
ラグビーのオールブラックスのマークになっている。




DSC00597.JPG-1.jpg
オーストラリアのグループと最後に会えた。
気のいい優しい人たちだった。
アボリジニの男性に粉末にした緑茶が余ったのでプレゼントしたらとても喜んでた。
みんな日本の食文化をよく知っている。





DSC00705.JPG
そしてサンドフライポイントへ到着!
総距離53.5キロ、33.5マイル。





DSC00766.JPG-1.jpg
何度もガイドブックで見たこの看板の場所に自分がいるのがうれしい。





DSC00308.JPG
到着後、桟橋まで行くと素晴らしい景色が待っていた。
遠くに迎えの船がやってくるのも見える。





DSC00828.JPG
ステキな笑顔のオーストラリア人。




DSC00830.JPG
アントニオ父さんの靴が壊れかけたけど何とか頑張った。
いつも陽気なスペイン人。






DSC00779.JPG
泥棒ヒゲになった日本人。





DSC00331.JPG-1.jpg
ミルフォードサウンドのターミナルへ到着後、みんなとはお別れになった。



この後、すぐにミルフォードサウンドのオーバーナイトクルーズに出かける。
海から見るフィヨルドはまた格別。


posted by 山一観光 at 22:42 | Comment(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

ミルフォード個人ウォーク 3日目

DSC00203.JPG
テンションの上がった山ガールたち




【3日目 ミンタロ・ハット > ダンプリング・ハット、14km】
どうしても早起く目が覚めてしまう。
もう少し身体を休めようと思うが、はやる気持ちが夜明け前からキッチンへ向かわせる。
でも数名はぞろぞろと散歩している。
早起きのメンバーはドイツ人、オランダ人、オーストラリアのお父さん、そして私。
全員男性。
顔を合わせると『なんとなく起きちゃった』みたいな感じだ。


DSC00552.JPG
ワーデンの絵天気予報ではずーっと晴れそうな感じだ。
とりあえずきれいな景色を堪能できそうだ。

この日はミルフォードトラックのクライマックスともいえるマッキンノン・パス越え。
出発から2時間ほどは登りつづけるのだ。




DSC00156.JPG
落石注意の看板が多くなってくる。
そして道はジグザグ登りがずっと続いている。
この道を開拓した人はすごいなぁ感心する。

息が切れるし持ってきた飲み水も少なった。
クッキータイムは残り少ないので相方さんの分をコッソリ頂く。



DSC00370.JPG
そしてマッキンノン記念碑へ到着。
こんな感じで写真を撮りたいと思っていたので大満足。
そしてこのお天気。
晴れ男か?と聞かれれば、今日はYES!と答える自信がある。



DSC00192.JPG
1888年 のマッキンノンとミッチェルによるトラック開拓の労を讃える記念碑とかなんとか書いてある。
この道造ったのすごいです。



DSC00409.JPG
いよいよミルフォードトラックの最高地点へ。

作家のすごいところは、言葉で目の前に広がる風景や景色を相手に想像させるところだ。
この風景をどんな言葉で言い表せば伝わるのだろう。
カメラを置いてしばらくぼーっとしてみた。



ぼーっとしていると寒くなってきた。
天気がいい割には風は結構強く、気温もソコソコ低い。
半ズボンをはいているのは欧米人だけだ。



さて、マッキンノンパスを過ぎると今度はジグザグの下り。
下りは景色を見ながらゆっくり進んだ。


DSC00214.JPG-2.jpg
ラージ・マウンテン・デイジー。
そこいらじゅうに咲いている。
ニュージーランドの固有の植物は白い色が多いと聞いたことがある。




DSC00415.JPG
しばらく行くとシェルターがあったのでこちらで昼食。
出発日前日に買ったハムがまだ大丈夫そうだ。
マヨネーズとハムをパンに挟んで食べる。
こちらのパンはおいしい。麦の粒々が少し残っていてアクセントになる。




DSC00221.JPG
このシェルターから見る景色は、絵画を見ているようだった。



DSC00254.JPG
滝が多くなってきた。
今夜のハットにつく前にニュージーランドで最も落差のある滝がある。
往復1時間ほどかかり、だいぶん疲れていたが、行っておかないと後悔する気がした。


DSC00542.JPG
ガイド付のハット、クインティンロッジの近くのシェルターにザックを置いて見に行く。
ほとんどの人が行ったようで、すれ違う人はみんな『カメラは濡れるから手前で置いたほうがいい』とアドバイスをくれる。


DSC00497.JPG
ハットで一緒のオージーが橋の上で奥さんを待っている。
どこの世界も女性は元気だ。



DSC00522.JPG
サザーランドの滝。
遠くから轟音とその雄姿が美しい。



さて、実際に行ってみると台風並みの風で、滝壺には容易に近づけない。
水しぶきが当たり、さらに風が吹くので寒すぎるくらい。

あとで聞いたのだが、滝の裏側に行けるそうだ。
どうやっていくのかさらに聞いてみると、とにかくびしょ濡れになるらしい。
富士山と同じで遠くから眺めているのが一番いいのかもしれない。
オージーオジサン正解。



DSC00549.JPG
最後のハットダンプリングへ到着。




DSC00553.JPG
整備が行き届いていて快適なハットだ。




DSC00554.JPG
光栄にもお料理担当を命ぜられ、黙々とご飯を作る。
と言ってもレトルトなので温めるくらいなのだが。



DSC00555.JPG
きれいなバンクルーム。



DSC00278.JPG
食事時間はかなり楽しい時間になった。




DSC00551.JPG
ワーデンからくれぐれも明日の船に遅れないようにね、と注意があった。
いよいよ明日はミルフォードトラック最終日。
なんだかあっという間だ。



posted by 山一観光 at 20:11 | Comment(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

ミルフォード個人ウォーク 2日目

DSC00304.JPG-1.jpg
Hidden Lake入口




【2日目 クリントン・ハット > ミンタロ・ハット、16.5km】
日出前から目が覚めてソワソワしていた。
他のトレッカーもソワソワしたのかは知らないがもう起きていた。

今日は結構長い行程なので、
早めに起きて出発したいところだ。



DSC00269.JPG
8:00に出発するころにはほぼ快晴と言っていいくらいの天気になっていた。
雨が多いことを想像していただけに、青空はとても気持ちがいい。



DSC00321.JPG-1.jpg
樹林帯を歩くので日差しも気にならないのもいい感じだ。
シダ類は多く生息していてこの国のシンボルマークになっている。
実はこの道、昨日ハット到着後に釣り場を探して歩き回った道なのだ。
幸いにも1匹釣れたのだが、写真を撮るのを忘れて何の証拠も無かったので、どうにかして今日は1匹を釣り上げたいと気合が入っている。




DSC00309.jpg-1.jpg
そんなことを考えていると、いた!
写真ではわかりづらいが50pはあるオスのレインボートラウトだ。




DSC00267.JPG

DSC00265.JPG
居ても立ってもいられずにロッドを用意して臨戦態勢へ。
またもや証拠写真がないのだが、ここでも1匹フッキングに成功。途中でバレたが感触はしっかり残っている。
幸いにも5〜6人のギャラリーがいたので昨日の1匹にも真実味が出てきた。
そしてこの日を境に私は『フィッシャーマン』と呼ばれるようになる。



DSC00260.JPG
次の釣れそうな場所へ足早に移動。
川以外の景色は目に入らない。




DSC00251.JPG
とにかく川が見えるところでは必ず立ち止まり確認する。
この日のルーチン作業になっていた。

しかし、だんだん登り道になり始め、次第に川も小さくなっていく。
釣りができる場所というよりは魚が見つからない。



DSC00277.JPG
川もないのに釣竿を持っているクレージーなヤツ的な雰囲気が出てきた。




DSC00118.JPG
行動食はイロイロあるけど、ニュージーランドに来たならクッキータイムは外せない。
ナント、日本にも上陸しているそうなので、東京行ったときに寄ってみたいと思う。

濃厚な味で、いつもは重い感じがしたけど、少し疲れているせいかすごくおいしい。
もしかしたらクッキータイムはトレッキング用に作られたのではないかと感心するくらいバクバク食べた。



DSC00263.JPG
サラ、カロリーナ、アントニオ、ミゲール。スペインチーム。
左のサラは日本食大好きで海苔を持ってきていた。
私の名前(NORI)と同じだという話しから仲良くなった。



DSC00340.JPG-1.jpg
何とかハットにたどり着いたときは最後だったような気がする。
他の人たちはもう夕食の準備を始めていた。



DSC00122.JPG
KEAというニュージーランド固有種の鳥がいたずらをしに来るので、靴は高いところへ置いた方がいいらしい。
こんなクサイ靴を持っていくなんて物好きな鳥だ。




DSC00327.JPG
光栄にもご飯担当に命ぜられ、お米が炊けるのを待っている。
ご飯作りの時は他のトレッカーと話をしながらのひと時でとても楽しい。




DSC00330.JPG
オーストラリアから来た2家族はとても陽気。
学生のダニエルは少し日本語を習っているようで、私に日本語で話しかけてくる。
最初は日本のドコソコへ行ってみたいとか話していたが、だんだん話しがシモへ流れ始める。
とにかくここでは書けないような悪い言葉を教え欲しいようだ。
それを兄弟たちに言わせて、私の反応を見て楽しんでいる。
そんなSッ毛のあるかわいい奴だ。



DSC00332.JPG
さて、今夜の夕食は
・崎陽軒のシュウマイ
・参鶏湯(サムゲタン)
・ご飯
・スープ
・ニュージーランド産の白ワイン



アジア人が少ないせいか、よく話しかけられる。
日本に興味がある人は多いようだ。


明日はミルフォードトラックのハイライトであるマッキンノン峠。
登りが続く一日になるので早めに就寝する。

posted by 山一観光 at 18:58 | Comment(0) | ニュージーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ランキング参加中。 ↓クリックするとこのブログの順位が出ます。 にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 熊本(市)情報へ
にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。